Contact / お問い合わせ
Flow / お問合せからの流れ
このようなことでお困りではありませんか?

福井鋲螺では、はじめて部品の圧造化に取り組まれる方でも、安心して設計・調達が出来るように経験豊富な技術・営業スタッフが、様々なご提案をさせていただきながら共に前へ進む、積極的な「技術提案型」のサポート体制を構築しています。下記に、お客様からお問合せを頂いてから 量産加工までの流れを簡単にご紹介します。

お問合せから量産加工までの流れ
 
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP1.お問合わせ STEP1お問合せ
メール (お問合せフォーム) やお電話にてお問合せください。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP2.ヒアリング STEP2ヒアリング
加工検討上(製造上)、必要な確認事項について、ヒアリングをさせて頂きます。
同時に、圧造部品設計を行なう上で、おさえるべきポイントについてお打合せを
させて頂きます。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP3.圧造加工検討 STEP3圧造加工検討
技術担当者による圧造加工検討を行ない、ご引合いを頂いた製品の製造が、
量産レベルで実現可能かどうか検討します。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP4.試作仕様決定 STEP4試作仕様決定
加工検討の結果をお客様に回答し、お打合せの上、試作(図面)仕様を決定します。
決定した試作仕様と量産数量(発注ロット)に基づいて、お見積りを提出します。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP5.試作加工 STEP5試作加工
試作受注後、工程設計(金型・設備・工程に関する詳細仕様設計)を行ない、
試作加工を実施します。
※ FEM解析による鍛造シミュレーションの活用により、効率の高い工程設計を
  実現しています。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP6.試作品評価 STEP6試作品評価
試作後、品質管理規格をクリアしているか、また量産加工における工程能力を
満足出来るかどうか、厳しく社内精査を行います。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP7.お客様による評価 STEP7お客様による評価
完成した試作品をお客様に提出し、お客側の採用評価を実施いただきます。
※ 試作による加工見極め箇所がクリア出来なかった場合は、お客様との打合せの上、
  再試作や量産管理規格変更等、“次なるステップ”を検討し、量産仕様確立へと
  近づけて行きます。
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間圧造技術など)に関するご相談 STEP8.量産加工 STEP8量産加工
お客様の評価を確認後、量産加工となります。
初期流動管理のもと、納入を開始いたします。