Contact / お問い合わせ
お問合せからの流れ

こんなことでお困りではありませんか?


① 他社で加工出来ないと断られてしまった
② 他工法で作っている部品コストが高く、改善したい
③ 冷間鍛造での部品設計の経験が浅い
④ 現流動品の品質が悪く困っている

当社では、はじめて冷間鍛造による部品加工を検討される方でも、安心して設計、開発が出来るように
経験豊富な技術営業スタッフが、初期の設計段階から様々なご提案をさせて頂きながら共に前へ進む、
「 技術提案型 」のサポート体制を構築しています。お気軽に御相談下さい。

お問合せから量産加工までの流れ
 
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP1.お問合わせ STEP1お問合せ
メール (お問合せフォーム) や、お電話にてお問合せください。
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP2.初回打合せ STEP2初回打合せ
部品図面と品質規格、用途上の重要箇所等、加工検討を行う上で必要な確認事項
について、ヒアリングを行います。同時に、鍛造部品設計を行う際のポイントの
ご説明と、加工検討仕様についてのご提案を行います。
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP3.加工検討 / 工程設計 STEP3加工検討 / 工程設計
お客様から頂いた図面仕様に基づいて、加工検討を行います。
工程設計には、FEM解析を用いた鍛造シミュレーションを採り入れ、
バランスに優れた理想的な工程設計を行っています。
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP4.試作仕様決定 STEP4試作仕様決定
必要に応じて、技術者と同行訪問の上、試作による加工見極めが必要となる箇所
や、管理規格についての打合せを行います。試作図面仕様を決定後、御見積りを
提出します。
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP5.試作加工 STEP5試作加工
試作加工では、試作トライ結果をタイムリーに関係部署にフィードバックし、
素早い金型調整を行いながら、目標形状(目標規格)に到達するまでトライ&エラー
を繰り返します。
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP6.採用評価 STEP6採用評価
試作後、工程能力を社内で厳しく精査し、結果を添えて試作品を納品します。
お客様にて現物確認、採用評価を頂きながら、量産仕様の打合せ(最終見積り)
へと進みます。
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 福井鋲螺株式会社
部品設計(締結、かしめ、冷間鍛造、圧造技術など)に関するご相談 STEP7.量産試作 / 量産加工 STEP7量産試作 / 量産加工
採用評価クリア後、量産計画で立案した工程レイアウトに則って製造ラインを構築
し、量産加工を開始します。初期流動管理規定による監視の下、量産加工品の納入
を開始します。