未来の技術を切り拓く「内製力(開発力)」
FUKUI BYORAの冷間鍛造技術を支えているもの。それが「金型内製技術」と、「設備開発技術」です。それぞれの内製率は9割を超え、金型・加工設備の両面から、最良の加工方法を自由に検討出来る体制が、新製品開発における、大きな「力」となっています。この「内製力(開発力)」が、FUKUI BYORAの新しい技術を切り拓き、大きく成長をし続ける「原動力」となっているのです。
新「冷間鍛造技術」を目指して 未来の技術を切り拓く「内製力(開発力)」 「一貫生産体制」が生み出す力 信頼を守り続ける「分析力(検証力)」 高品質を見守る大きな力「現場力(人間力)」