▸ 製品情報   |  加工事例紹介   |  加工技術紹介   |  締結関連商品   |  よくあるご質問   |  計算ツール   |  新製品情報  |
新製品情報
ホーム > 新製品情報 > S-Pnail
ベニヤ盤用 釘並び改良型 高耐久度 Pネイル 「S-Pnail」
釘並び精度 従来比約70%※1改善
特殊ローレット形状の開発により、釘の直進性を向上させ、従来比約70%の釘並び精度の改善を実現しました。
※1.仮定の打釘条件下による当社内試験結果(参考値)
(試験条件)
  1. 盤面素材: ベニヤ
  2. NG条件: 上下5°、横90°を基準とし、基準から±1°以上をNGとする
(試験結果)
※2
  釘並び不良率(%)
従来品 S-Pnail
1 33.3 10.4
2 45.8 12.5
※2. 測定治具は釘の右側から計測するものを使用
“釘折れ”のメカニズムを徹底研究
“折れ”に対する釘本来の強度を適正に評価する為、パチンコ玉が釘に与える力を再現した、耐久試験機(加速度試験機)を自社で開発。釘の金属組織状態を確認しながら、“折れ”のメカニズムを徹底的に分析、“折れ”耐久性を高める形状の研究を重ねた結果、従来比約5倍の耐久性を実現した新型P ネイルの開発に成功しました。

※3. 当社規定の耐久試験結果(平均値)を比較
折れ耐久試験機
折れ耐久試験機
金属組織状態 SEM 分析(破断面)
釘折れ耐久性試験
(試験条件)
  1. 衝突位置:盤面から8.4mm
  2. 衝突回数:300 回 / 分
  3. 衝突エネルギー:0.0159J = 0.0159Nm※4
※4 パチンコ玉(質量 5.5g)が速度2.4m/s で衝突する場合に相当し、ホール実機の約5倍のエネルギーに相当します。
釘折れ耐久性試験

PAGE TOP