新「冷間鍛造技術」を目指して
金属の「塑性」を利用し、まるで粘土細工を作る様に、少しずつ形を変えながら、製品を作り上げて行く「冷間鍛造技術」。その途中形状のひとつひとつに、FUKUI BYORA が創業から築き上げてきた、固有の技術が凝縮されています。難加工に挑戦し、試行錯誤を繰り返す程、成長を続けるその「技術」は、奥深く計り知れない可能性を秘めています。これからもFUKUI BYORAは、当社にしか出来ない「技術と価値の提供」を目指して、革新と創造を続けていきます。
新「冷間鍛造技術」を目指して 未来の技術を切り拓く「内製力(開発力)」 「一貫生産体制」が生み出す力 信頼を守り続ける「分析力(検証力)」 高品質を見守る大きな力「現場力(人間力)」