• Corporate Social Responsibility / CSR活動
  • Corporate Social Responsibility / CSR活動
  • Corporate Social Responsibility / CSR活動
社会貢献活動
工場見学

当社では、社会貢献活動の一環として工場見学の受け入れを積極的に行っています。2015年度は、小・中・高・大学生から、異業種交流会や市民団体の皆様まで、約545名の方々にご来訪頂きました。工場見学では、身近な生活の中で使われている当社製品のご紹介や、普段は見る事ができない精密な金属パーツの製造工程を、ご覧いただく事で、「モノづくり」への関心を持っていただき、次世代を担う人材育成の形で、地域社会に貢献できるよう取組みを行っています。

工場見学 写真1 工場見学 写真2 工場見学 写真3


 
産学官連携

産学官連携とは、大学や研究機関が持つ研究成果や技術をさまざまな交流を通じて民間企業が活用し、産業化に結びつけたり、共同研究をしたりする結びつきの事をいいます。当社は、この産学官連携を通じて、未来につながる全く新しい研究開発活動を行っています。

ダイレクトメタノール型燃料電池

セパレータ(電極)部分にアルミニウムを使った新しい燃料電池システムを開発しました。これまで主流であったカーボン製電極は、衝撃に弱く、割れやすいという欠点がありましたが、アルミ材を採用することにより、薄く、耐久性の高いシステムを実現することができました。また、素材を金属にすることで、錆び易くなるマイナス面もありましたが、当社固有のメッキ技術を生かし、表面に0.3μm以下のカーボン皮膜を施す事で、この問題をカバーしました。今後も、全く新しい発想の燃料電池システムとして、業界に御提案出来ることを目標に、基礎研究を続けて行きます。

ダイレクトメタノール型燃料電池 写真1 ダイレクトメタノール型燃料電池 写真2 ダイレクトメタノール型燃料電池 写真3


国際インターンシップ

当社では、2005年度より海外の大学生を対象とした国際インターンシップ制度を導入しています。アメリカ、カナダ、イギリスなど様々な国から、毎年数名のインターン生を受け入れ、日本のものづくり企業における就業体験の場とその機会を提供しています。このインターンシップ制度は、インターン生がそれぞれの専攻分野に関連した実践的なスキルや経験を習得するだけでなく、当社がグローバル企業として成長し続けるために、創造力豊かな人材の育成強化を目指し取り組んでいる活動です。

国際インターンシップ 写真1 国際インターンシップ 写真2 国際インターンシップ 写真3

インターンシップ・プログラムの仕組み イメージ

国際インターンシップ 写真4 国際インターンシップ 写真5 国際インターンシップ 写真6