「一貫生産体制」が生み出す力
FUKUI BYORAが、熱処理・メッキ・二次加工まで、社内で一貫生産体制を構築しているのには、「理由」があります。それは、「自らが造るからこそ分かる事」、また「自らが造るからこそ出来る事」があるのです。ただ、図面指示通り、機械的に製造するのでは無く、製品用途上のポイントを見抜き、考えた「ものづくり」を行う。この各工程担当者の「製品への想い」が、大きな「力」となって、お客様のお手元に届くことを信じているのです。
新「冷間鍛造技術」を目指して 未来の技術を切り拓く「内製力(開発力)」 「一貫生産体制」が生み出す力 信頼を守り続ける「分析力(検証力)」 高品質を見守る大きな力「現場力(人間力)」